2009年06月14日

プロレスラー三沢光晴 試合中に死亡

プロレスラー 
試合中に相手の技をかけられて頭を強打。
病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認されたそうです。

まさかの事故が起こったのは午後8時半すぎだったそう。
三沢光晴は潮崎豪と組んで
メーンでGHCタッグ王者の斎藤彰俊
バイソン・スミスと対戦。
そして開始25分すぎに異変が。

時折頭を振るなど不自然なしぐさを見せていた
三沢光晴が、潮崎からタッチを受けて
バイソン、斎藤の合体技と斎藤の
蹴りの連発を浴びるとぐったり。
とどめに斎藤から高角度の岩石落としを食らった際
受け身の体勢が十分取れずに
体を「く」の字に折る不自然な形で落下
頭部と首を強打したそうです。

三沢光晴はそのまま動かなくなり
レフェリーが異変に気付き試合を止めたんだとか。

三沢光晴はプロレスリング・ノアを旗上げし
プロレス界を引っ張っていましたね。

三沢光晴は今年3月ころから
「体調が悪い」と漏らしていたそうで
今回はノアの社長として
不安定な体を押して
リングに上がっていたのかもしれません。
受け身の体勢が取れ無かったのも 
そのせいでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。

posted by 鯛ちゃん at 11:00 | Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。