2009年05月23日

さすがです!石原裕次郎!

国民的大スターだった
石原裕次郎の23回忌法要が
7月5日に東京・新宿の国立競技場で
営まれることになったそうです。

その規模がすごい。
1週間がかりで本殿を組み立て
石原裕次郎のお墓がある横浜の総持寺から本尊を運び込み
160人の曹洞宗の僧侶が読経
300人のコーラス隊が裕次郎のヒット曲を
歌うそうだ。

式典にかかる総工費は10数億円。
工事設営だけで8000人以上。

大きな映画1本は軽く作れる金額だそうですよ。

13回忌のときには25万人近い人出があり
中には3日前から並んだ人もいたそうです。
お寺ではもうできないと判断した結果
渡哲也でさえ ここまでやるのはありえないと思ったほどの
規模に。

確かに石原裕次郎の人気はおとろえてはいないようで
石原プロやテレビ局にはファンからの問い合わせが殺到
石原プロのホームページにもアクセスが殺到し
午前9時ごろには閲覧できない状態になったそうです。

それは、当日限定5万人に渡される記念品の
限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)」と
メモリアルブック「昭和の太陽 石原裕次郎」の
応募方法についてが主。

焼酎には石原慎太郎東京都知事が代弁した裕次郎のメッセージ
本には裕次郎の貴重な写真が満載と
ファンにとってなんとしても手に入れたいセットなんだとか。

さすがです!石原プロ・・・・・




posted by 鯛ちゃん at 11:00 | Comment(0) | びっくりニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。